こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
( 保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント /会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__ )
RSS

アルゲンティウムシルバーとは?

アルゲンティウムシルバーとは?

スターリングシルバーは別名でSV925やシルバー925とも呼ばれるように、銀が92.5%以上、残り7.5%未満は銅などの金属からなる銀合金です。純度100%の銀=純銀は大変柔らかく、加工や形状維持が難しいため、アクセサリーなどのシルバー製品にはスターリングシルバーなどの銀合金が用いられるのが一般的でした。

シルバー製品には空気中の硫化ガス(硫黄ガス)と化学反応を起こし、表面に硫化銀の皮膜を作る性質があります。この硫化銀の皮膜が厚くなるにつれ、黄色〜茶褐色〜黒に変色していきます。真っ黒に変色してしまったとしても、通常は内部まで硫化反応は起こりませんので、100年以上前に作られたシルバー製品であっても、シルバー製品用のクリーナー等で手入れを行うことで、当時の輝きに取り戻すことができるのがシルバーの優れた性質といえます。 しかしながら、こまめなメンテナンスを必要とする難点は長年変わることはありませんでした。

近年注目されている新素材のアルゲンティウムスターリングシルバーは、スターリングシルバーにゲルマニウムを加えることにより、従来のシルバー製品にみられる変色を起こしにくく、簡単なメンテナンスで美しい状態を保つことができるように改良された新しいスターリングシルバーです。(アルゲンティウムは登録商標です。)

アルゲンティウムに含まれるゲルマニウムは、スターリングシルバーの銀以外の成分となる、7.5%未満の金属の一部分に使用されていますので、銀を92.5%以上とするスターリングシルバーのクォリティーは保たれています。このため、スターリングシルバーの特徴ともいえる、落ちついた柔らかい光沢と同じ輝きを放ちます。

アルゲンティウムの日常のメンテナンスは、柔らかい布等で拭いていただく程度で十分ですので、従来より手軽にシルバーアクセサリーをお楽しみいただけます。アルゲンティウムはメッキ加工の製品とはことなるため、万が一黒ずみがみられても、従来のスターリングシルバーと同様に、シルバー専用のクロスやクリーナーによるメンテナンスが可能です。

ページトップへ